イボなしゴーヤ

今年も窓辺でゴーヤを育てています。今年は最初ゴーヤの成長が良く、豊作になるなとホクホクしていたのですが、暫くしたら下の方からどんどん枯れてきてしまいました。調べたところ、肥料不足だったようです。ゴーヤは成長が早い分、栄養分の消費も激しく、化成肥料を追肥してあげないと下から枯れてきてしまうようです。

できるだけ色んな種類を試しています。今年はイボなしゴーヤも育ててみました。調べたらタイでよく作られている品種のようです。苦みが少なく、サラダに向いているそうです。

中はこんな感じで普通です。生で味見してみたら、果肉は瑞々しく普通のゴーヤよりもシャキシャキしていました。

普通のゴーヤと合わせてチャンプルーにしました。イボなしゴーヤはシャキシャキしていて、普通のゴーヤより美味しいです。細胞一個一個が水でパンパンに満ちているような感じです。

イボなしゴーヤは予想よりも美味しく、来年も育てたくなりました。

紅焼鹿筋(ホンシャオルーチン)

西条真二さんの漫画、鉄鍋のジャン、第1巻「血と水と油」に出てくる紅焼鹿筋を作りました。

鉄鍋のジャンは僕の大好きな料理漫画です。僕は中華料理が大好きなのですが、それは鉄鍋のジャンの影響も大きいです。いつかこの漫画に出てくる料理を実際に作ってみたいなと思っていました。

そんな折、ある中華食材屋さんで鹿筋(ロチン)を見つけました。鹿筋とは鹿のアキレス腱ことです。実物を見るのは初めてでしたが、それが何かすぐにわかりました。鉄鍋のジャンに出てきていたからです。

日本ではまずお目にかかれない食材との出会いに心が躍りました。そして「鉄鍋のジャンのあの紅焼鹿筋を作ってみよう!」と思いました。

こちらが鹿筋。漫画の見た目そのままです。スルメイカの干物のようにカチコチです。これ1本で2000円しました。高いですが、それよりも鹿筋に対する興味が勝りました。

続きを読む “紅焼鹿筋(ホンシャオルーチン)”