モスビーンのコンカン

インド食材店で買ったモスビーンを使ってコンカンを作ります。モスビーンとは小豆の近縁種の豆です。小豆とほぼ同じだと思います。

コンカンとは辛味を入れてないチリコンカンのことです。妻が辛いのが苦手なので、我が家ではコンカンで作って、唐辛子は自分の器に入れるようにしています。コンカンは我が家では定番の料理です。

続きを読む “モスビーンのコンカン”

焼き茄子のスパゲッティー

茄子の火の通し方というのは意外と難しく、以前から悩みの種でした。油で炒めるとそのスポンジ構造が油を吸いきってしまいますし、魚焼きグリルで焼くと乾燥してジューシーさが失われてしまうのです。

今回は試しにアルミホイルで包んでスキレットで焼いてみたのですが、これが大成功でした。茄子のジューシーさは失われず、少し焦げた香ばしい風味が加わって、とても良い具合に仕上がりました。この焼き茄子を使ってスパゲッティーを作ってみました。

続きを読む “焼き茄子のスパゲッティー”

ラム肉のソテー、中東風ソース

羊肉に興味を持っています。羊肉は独特の臭みがあるので僕はあまり得意ではないです。しかしながら、世界では凄く食べられているので、調理法を工夫するか、または慣れるかすれば美味しく食べられるのではと思っています。

今回は臭みの少ないラム肉をソテーして、中東風のソースを添えてみます。ラム肉は殆どが輸入で、その殆どはニュージーランド又はオーストラリア産でのようです。ニュージーランドは4-6か月、オーストラリアは6-8か月で肉にします。ニュージーランドの方がより若い段階で肉にするので、臭みが少なくて柔らかく、より美味しいのではと思います。

続きを読む “ラム肉のソテー、中東風ソース”